Wifiの設置環境を考慮しないと通信ができない

subpage01

Wifiを設置するときには、周辺の環境と自分のデバイスの環境に注意をしなくてはいけません。

Wifiを扱うときのポイントは、Wifiが無線LANの規格であるという点です。

有線のようにケーブルから必要な情報が送られてくるわけではありませんので、電波障害になるようなものが周囲に存在すると、満足なインターネットをできなくなってしまいます。例えば、周辺の家電製品をルーターから話しておくことはWifiを利用する際の常識です。
特に、電子レンジはルーターと相性が悪い電子機器であるということがわかっています。


家電製品の中には、Wifiの電波と相性が悪い電磁波を放出しているものが少なくありません。



実際に、電子レンジに関しては電磁波の周波数が無線LAN企画の周波数と重なることがありますので電波同士が競合してしまう可能性が高くなります。
つまり、干渉が生じてしまうわけです。

電波同士で干渉が生じると高い確率で通信速度が遅くなってしまいますので、設置するときにはこのような家電製品を周辺に置くことは必ず避けるべきです。また、見逃してはならないのが床に直置きすることも良くないということです。



配線が床に存在するため床に置く人は多いですが、床に置くと電波が床に反射してしまうため通信速度が遅くなる可能性があります。
理想は、高い位置に置いて電波の干渉を受けずかつ周辺からの反射も存在しない環境にすることです。



こうすることで、設置環境を整えることができます。