Wifiサービスの契約期間を解説

subpage01

近年ではモバイル回線を利用した自宅用の固定インターネットサービスが広く普及していますし、単身世帯などを中心に高い支持を得ています。
主なサービスとしてはソフトバンクエアーやWiMAXのホームルーターなどが有名であり殆どの人がこの2つのいずれかを選択しています。



これらのWifiサービスは設置するだけですぐに固定回線を作り出すことができますし、モデムとルーターを接続しなくても単体でWifi環境ができあがるので非常に手軽なのですが、初めて利用する人はどちらを選ぶべきか悩んでしまうことが懸念されます。



契約の縛りの観点から両者の比較を行っていきます。

ソフトバンクエアーは契約の期間が2年間となっています。
しかし注意しなければいけないのが端末をレンタルする場合は2年経過後に端末を返却して解約できますが、レンタルではなく購入する場合は3年間で36回払いの分割購入となるため実質的に2年間で解約ができないのです。


ソフトバンクエアーは2年経過後は利用料金が上がってしまいますし、レンタルで契約した場合は購入する場合よりも月額基本使用料が高い点に要注意です。
一方でWiMAXですが、こちらは契約期間を2年か3年で選ぶことができるのですが、プロバイダの中には3年契約しか取り扱っていないケースもある点に気をつける必要があります。



安いWifiサービスを提供しているプロバイダはたいてい3年縛りを強いるので月額基本使用料が安くても安易に飛びつかないことが大切です。