無線LAN 自宅で使うときのポイント

無線LAN自宅で使うときのポイントに、通信速度があります。

契約しているインターネット回線が遅いと快適に使えないので光回線にすると良いですが、宣伝されている表記ではなく実際に使用環境でどの程度になるのか確認しましょう。また、無線LAN自宅で環境を構築するためにはルーターも用意することになりますが、こちらにも速度の上限があるため、目的に合った十分なものを選びます。2種類の表記になっているルーターもありますが、これは電波が2.4GHzと5GHzの両方に対応しており、それぞれで速度が異なっているからです。

それぞれの電波で繋がりやすい状況があるため、両方が使えるタイプであれば使い分けできるので便利です。無線LAN自宅で使うときに、ルーターをどこに設置するか検討することになりますが、電波は届く範囲があるので家の中心にしておくと広くカバーできます。インターネット接続ができなくても良い部屋がある場合には、位置をずらして調整しても良いでしょう。

中継器を経由させることで範囲を広げることもできるので、繋がりにくいときは検討すると良いです。高さも影響があり、床に設置するよりも1~2mの位置にした方が届きやすくなります。なお、ルーターにはセキュリティを高くするために忘れずにパスワードでアクセス制限する必要があります。スマートフォンなどでアクセスポイントを探すと複数の表示が出ることからも分かるように、制限していないと他者にも接続されることがあるので危険です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *