無線LAN 安い機器でも十分な性能

自宅に無線LANルーターを設置されている方は大勢いらっしゃるでしょう。

モデムとパソコンをLANケーブルに接続する必要がなく、プリンターやテレビも同時にネット回線に接続できるのでホームネットワークを構築できるというメリットもあります。昨今では無線LANが一般普及をしているため、各社メーカーでさまざまな機器を販売されています。これから機器を導入しようとお考えの場合、無線LAN安い機器よりも高い方が性能がいいのではないかと思われるかもしれません。しかしその答えはNOです。

家電量販店に行くと、フロアいっぱいに無線LANコーナーが広がっています。そこでは4万円もの高額な値段もものから、2000円ほどの機器まで多種多様なものがありどれがいいのか分からなくなるものです。初めてご家庭で導入されるのであれば、無線LAN安い機器を購入されても十分な性能があります。無線LAN安い値段の機器と高いものの違いは、通信速度と同時接続数のみです。

安い値段の無線LANだと最大通信速度が20Mbps~50Mbpsで、同時接続は3台程度になります。高いものだと最大通信速度は70Mbps~100MbpsとなりADSL回線とほぼ同等です。さらに同時接続が10台以上となるので、一般家庭よりも事業所に向いているものといえるでしょう。安いものであってもセキュリティ対策はしっかりとなされているので、安心してネットサーフィンができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *