最新の無線LAN 料金が安くなっている理由とは

ブロードバンドが一般家庭に普及して20年になろうとしています。

今ではLANケーブルでモデムとパソコンを接続しなくても、無線LANと呼ばれる技術を使用すればワイヤレスでインターネットに接続することが可能です。このワイヤレス環境を実現する無線LAN機器は10年前までは非常に値が張るものでした。10年前までの無線LAN料金は1台あたり約2万円で、通信速度は上り・下りともに200bps程度と高速通信すらもできないものでした。動画閲覧やオンラインゲームをするのには不向きで、用いている家庭も少なかったほどです。

しかし技無線LAN術は数年で向上して、ADSL回線並みの40Mbpsの速度をも可能にしました。向上したのは製品の生産方法にもあてはまり、2010年には無線LAN料金が1台1台5000円にまで低下したものも生まれて急激に一般家庭にも広まっていきました。現行機種であれば1台3000円でも購入できるものもありますが、無線LAN料金がお安くなった理由として挙げられるのは新たに解放されたIEEEE8.01.01の無線帯域が利便性に長けたものだったことに起因しています。

この無線帯域であれば微弱な電波でも通信を可能にしており、無線LAN機器に取り付けるアンテナが廉価製品であっても通信に支障をきたしません。そのため、大幅に機器本体の販売価格を下げたことで家庭でも導入しやすくなったという訳です。ワイヤレス通信の快適さも相まって、今ではごく当たり前に用いられているものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *